持法院
宗 派
天台宗
山 号
登慶山
寺 号
持法院
住 所
千葉県柏市藤ヶ谷178
縁 起 伝承によれば持法院の創建は源頼朝の側近であった千葉介常が鎌倉在館中、霊夢により古梅の霊木を発掘し仏師運慶に如意輪観音像を彫らせ一宇建立し安置崇敬した。その後、堂宇は次男の師常に伝えられ承久の乱が起こり相馬師が居住する総州相馬郡番場村に運慶の従弟である登慶に尊像を送らせ萱葺き屋根の草堂を営んで藤の花を厨子に飾り安置した。
これより人々は藤萱村(ふじかやむら)と呼ぶようになったとされている。貞応二年(一二二二年)新たに堂宇を建立し如意輪尊と登慶法師にちなんで登慶山如意輪寺持法院と号した。
妙意輪寺
妙意輪寺2
 本堂
妙意輪寺3
持法院 山門
妙意輪寺4
鐘楼
【行 事 日 程】
 8月19日 お施餓鬼
【お知らせ】
 2015年3月改築。 参道も石張りになりました。

持法院霊園墓苑 使用冥加料 及び管理料
区画面積 向き 使用冥加料 年間管理料
1.5m² 西 400,000円 2,000円
500,000円
3m² 西 600,000円 3,000円
700,000円
5m² 西 1,100,000円 5,000円
1,200,000円
安心の境内墓地ご案内受付中。詳しくはお問い合わせ下さい。
団体信用生命保険付き【低金利建墓ローン】のお問い合わせはこちら
所在地 Google Map

【アクセス】

このページのトップへ