清勝院
宗 派
真言宗豊山派
山 号
金胎山(コンタイサン)
寺 号
清勝院(セイショウイン)
住 所
埼玉県八潮市八條1763
縁 起 平安時代末期に創建、本尊に不動明王を祀る市内では一番古い歴史ある古刹。中川の改修に伴い平成11年に客殿、幼稚園舎の建替え、境内地の全ての移設を行い現在に至る。境内には子安水掛地蔵や、弘法大師堂などがあり、四季折々の花も楽しめる。寺院内には、埼玉県指定文化財の「絹本着色虚空蔵菩薩画像」を始め八潮市の文化財等様々な文化財を安置している。
八潮市清勝院本堂


八潮市清勝院弘法大師像
参道をやさしく見下ろす
「弘法大師像」
八潮市清勝院子安水掛地蔵
「子安水掛地蔵尊」石碑には
水子や早くして亡くなった
子供達に対する想いが
住職により綴られている。
八潮市清勝院境内
緑豊かな境内には季節の
花々が参拝者にやすらぎ
を与えてくれる。
清勝院では毎月2回「御詠歌の会」を行っております。
参加費無料で、どなたでもご自由に参加できます。
詳しくは清勝院寺務所までお問い合わせ下さい。

清勝院 寺務所 048-997-8388
所在地 Google Map
このページのトップへ