松龍寺
宗 派
浄土宗
山 号
廣大山(コウダイザン)
寺 号
松龍寺(ショウリュウジ)
住 所
千葉県松戸市松戸1505-1
縁 起 慶長8年(1613) 高木九兵衛正次公の建立、開山。当時は根古屋一帯境内とする広大な敷地に松が亭々と高台にあるとても美観の良い所であったゆえに将軍家の鹿狩りの際は八代吉宗、十一代家斉、十二代家慶などが松龍寺を休憩場所として使われており、そこで葵の御紋の使用を許された名刹。
 
松戸市松龍寺本堂
松戸市松龍寺観音堂
天明4年(1784)籾殻塚稲荷の
境内の籾殻から聖観世音菩薩が
現れその後こちらに祀られたと
いわれる観音堂。
松戸市松龍寺鐘楼
境内には、鐘楼や弁財天堂
などがありお参りに来る方の
憩いの場所となっている。
松戸市松龍寺山門
当時の災厄から唯一残った
山門、堂々としており両扉
には葵の御紋がある。
所在地 Google Map
このページのトップへ